松型駆逐艦 竹

発行者: 28.08.2021

海風型 浦風型 磯風型 江風型 峯風型 神風型 2代 睦月型 吹雪型 初春型 白露型 朝潮型 陽炎型 夕雲型 秋月型 島風 松型. ウィキメディア・コモンズには、 松型駆逐艦・橘型駆逐艦 に関連するカテゴリがあります。.

カテゴリ : 松型駆逐艦 横須賀海軍工廠が建造した艦船 第二次世界大戦の日本の駆逐艦 年進水船 年竣工船. 最前線にいた「竹」は 10月18日 夕刻発動の 捷一号作戦 [] と 20日 から始まった レイテ島地上戦 [] に関わる事となり [] 、三度にわたって レイテ島 西岸 オルモック への陸軍兵力輸送作戦( 多号作戦 )に参加することとなった [] ドット r18 作戦直前、田中少佐(竹駆逐艦長)が病気で退艦、マニラ海軍病院へ入院した [注釈 7] 。11月3日、飯村忠彦少佐(海兵65期)が竹臨時艦長に任命される [] [] 。飯村少佐は、 レイテ島 輸送作戦で沈没した軽巡洋艦「 鬼怒 」 [] [] の航海長であった [] [] 。 一方、田中少佐(竹駆逐艦長)は 呉鎮守府 付となる [] 。 日本海軍は、 宇那木勁 少佐(海兵64期) [32] を「竹」駆逐艦長に任命した [] [注釈 8] 。宇那木少佐は軽巡「 五十鈴 」や松型3番艦「 梅 」を乗り継いで内地からマニラへ移動しており、実際の着任は遅れた [] 。このため「竹」は飯村駆逐艦長の指揮下で 多号作戦 に従事する [] 。.

ロ号艦本式缶 2基. 最初の雷撃態勢は、宇那木艦長が砲撃による閃光で目がくらみ [] 、また電気機器の故障により発射の機会を逃した [] 。二度目の機会を得て魚雷2本を発射する [] 。四番連管は起動弁の故障で発射できなかった [] 。「竹」の水雷長志賀博大尉(海兵68期)が双眼鏡で第駆逐群を観測していたが、やがて視界内の左端にいた駆逐艦が大きな火柱を吹き上げるのを目撃した [] [] 。魚雷はクーパーの右舷に命中し、船体をV字に折られたクーパーは1分以内に沈没した [] 。この後、「竹」は修理が終わった四番連管から魚雷1本を単独発射したが、こちらは命中しなかった [] [] 。 一方、モールは「竹」の前部機械室に命中弾を与えた(負傷者1名) [] 。不発だったが浸水のため右舷1軸運転となり [] 、「竹」は最大で左舷に30度も傾いた [] [] 。しかし、「竹」もモールに高角砲弾を複数発命中させた オルソケラトロジー 失敗 。クーパー轟沈を「潜水艦からの雷撃」と錯覚していた米駆逐艦2隻 [] (モール、サムナー)は戦場から避退した [注釈 32] [注釈 33] 。これ以上の戦闘は行われなかった。.

松型(丁型)はその全てが本来二等駆逐艦( 基準排水量 マリオネットの糸の先 感想 樹木 の名前が与えられ、その艦名と建造経緯から「 雑木林 」などと呼ばれた [36] [37] 。竹に勤務していた 大尉 (航海長)によれば、 航海 機器や兵装は艦隊型駆逐艦の 雪風 よりも新しく、充実していたという [38] 。. 小掃海具一型改一 2組 [14].

820 [15] [83] 40 [84] 43 [85] [86]. [9] 3 [10].

いち 早 く敵の接近に気がついた僚艦の桑が、 竹 に発 光 信号を放ちつつ立ち向かっていった。 探照灯 を照射しながら 砲 撃を行うも、 アレン ・M・ サムナーと クーパ ーから レーダー 射撃 を浴びて僅か10分で撃沈されてしまう。3隻の敵艦は、残った 竹 に矛先を向ける。数は3対1、性 能 も敵艦の方が上、オルモック湾は狭いため回避に向かず、闇 夜 の中では座礁の危険性もある。加えて ジャイロ コンパス は修復されていないので自艦の位置すら 把握 が困難であり、全ての面で 竹 が不利という 徹 底的劣勢だった。.

松型駆逐艦 竹 (プラモデル)

括弧書きは未成艦 大日本帝国海軍艦艇一覧. 竹 (たけ) は、 大日本帝国海軍 の 駆逐艦 [3] 。. 宇那木艦長を迎えた「竹」は、リンガ泊地へむかう第五艦隊とわかれた [] 。 コレヒドール島 沖合でアメリカ潜水艦 ヘイク USS Hake, SS の雷撃で損傷した第三十一戦隊旗艦の軽巡「 五十鈴 」と途中ですれ違いつつ [] 、マニラに引き返した []. 松型では急速建造を実現するために日本海軍艦艇の特徴である船体の曲線構造を止め、平面構成を多用した設計になった [46] 。駆逐艦としては低速のため、操艦性を重視して艦幅や喫水は全長に対して大きめに設計している [46] 。用兵側は、松型の運動性能について「操艦性能に富む」と評価した [47] 。.

艦の スペック や建造の経緯は 松型駆逐艦 を参照の事。. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 翌 25日 昼 [] 、「米機動部隊が接近中」との情報で輸送部隊は タヤバス湾 ( 英語版 団旗槍【流星】 に浮かぶ マリンドケ島 北西部のバラナカン湾に避泊した [] [] 。 間もなく空襲を受けて第6号輸送艦と第10号輸送艦が沈没する [] [] 。第9号輸送艦も損傷(航海長袴田徳男大尉戦死、砲術長負傷、荷役装置故障) [] [] 。「竹」も至近弾と機銃掃射で損傷し戦死者15名 [] ・負傷者60名余を出した他 [] [] 、 ジャイロコンパス が吹き飛ばされて使用不能となった [] [] 。レイテ島オルモック湾への突入を命じられていたため「竹」幹部は協議をおこなう [] 。先任将校(志賀)は任務遂行を進言、高井義助航海長は「 方位磁針 を駆使してオルモック湾に向かう覚悟がある」と具申した [] 。機関長は燃料流出を懸念したが「命令なら突入する」と進言、砲術長は反対した [] 。 しかし、第9号輸送艦(艦長 赤木毅 予備少佐)より「砲術長戦死、航海長負傷、 大発動艇 夜昼転換 [] 、再挙を期してマニラに引き返すことにした [] 。沈没艦の生存者を収容し、 11月26日 マニラに帰投した [] [] 。 こうして第五次多号作戦は失敗した [] [] [注釈 27] 。 宇那木艦長は 南西方面艦隊 司令部(参謀長 有馬馨 少将、先任参謀 高間正義 大佐)に出頭して詫びを入れた [] [] 。「竹」は昼夜兼行で応急修理を行って次期作戦に備えたが、ジャイロコンパスは復旧されずじまいだった [] [注釈 28] 。.

  • マニラ大空襲をうけて、第五艦隊司令長官 志摩清英 司令長官は残存艦艇の退避を南西方面艦隊(司令長官 大川内伝七 中将)に進言した [] [] 。 同 13日 深夜、第一水雷戦隊司令官が指揮する残存艦艇(霞、初霜 [注釈 18] 、朝霜、潮、竹 ) [] はマニラを脱出した [] [注釈 19] 。 「竹」はマニラから ブルネイ に移動する第一水雷戦隊(司令官 木村昌福 少将・海兵41期、旗艦「霞」)および「潮」と共に 南沙諸島 長島 に向かい、同地で南方に進出途上の 第四航空戦隊 ( 日向 、 伊勢 )や護衛艦( 霜月 、 梅 、 桐 )などと会合 [] 、燃料を補給してもらう [注釈 20] 。同地で飯村(臨時「竹」艦長)が退艦し、宇那木少佐は便乗中の戦艦「 日向 」から「竹」に移乗、新任駆逐艦長となる [] [] [注釈 21] 。.
  • 戦争 は終わったが、航行可 能 だった 竹 には出番が残っていた。 南方 や各戦線に取り残された将兵や邦人を引き揚げさせる復員任務である。 年 12月 から任務が始まり、1回 目 から4回 目 は ポンペイ 島 と 浦 賀を行き来。次に パラオ から邦人を引き揚げ、 サイパン に在住していた 沖縄 出身者を 沖縄本島 に連れ帰った。以降は 上海 及び コロ 島 と本土を往復して 中国 方面の復員任務に従事。この時に艦内で コレラ が発生し、病死する引き揚げ者が出たため防疫の都合で約一ヶ 月 隔離された事も。最後の奉 公 を終えた 竹 は 年 7月 、特別保管艦の 指 定を受けて 母 港 横須賀 に 係留 される。約一年後の 年 7月16日 に 指 定が解除されると、 竹 は賠償艦として イギリス に譲渡された。しかし イギリス は 竹 を スクラップ にして売ってしまった。.

[47] 41 [48] 6 [49] 7 [50] 7 [51] 715 2 414 43 びーパラ [14] [53]. 松型駆逐艦 竹 [] 1911151125 [] [] [] ! 2F55 [32] [32] 9 [44].

マニラ大空襲をうけて、第五艦隊司令長官 志摩清英 司令長官は残存艦艇の退避を南西方面艦隊(司令長官 大川内伝七 中将)に進言した [] [] 。 同 13日 深夜、第一水雷戦隊司令官が指揮する残存艦艇(霞、初霜 [注釈 18] 、朝霜、潮、竹 ) [] はマニラを脱出した [] [注釈 19] 。 「竹」はマニラから ブルネイ に移動する第一水雷戦隊(司令官 木村昌福 少将・海兵41期、旗艦「霞」)および「潮」と共に 南沙諸島 長島 に向かい、同地で南方に進出途上の 第四航空戦隊 ( 日向 、 伊勢 )や護衛艦( 霜月 、 梅 、 桐 )などと会合 [] 、燃料を補給してもらう [注釈 20] 。同地で飯村(臨時「竹」艦長)が退艦し、宇那木少佐は便乗中の戦艦「 日向 」から「竹」に移乗、新任駆逐艦長となる [] [] [注釈 21] 。.

月光 2機が敵を引き付けている間に、物資や兵員の揚陸を行う。入泊直後、陸地から発進した1隻の大発が接近して 竹 に横付けする。先の 11月11日 の輸送で撃沈された 駆逐艦 島風 の艦長上井 宏 中佐 や 上村 機関 長、第2 水 雷 戦隊 の 早川 幹夫 司 令 官ら8名が 竹 に収容され、 入れ替わり に便乗していた 陸軍 の参謀が大発へ移乗。陸地に戻っていった。. 竹 (たけ) は、 大日本帝国海軍 の 駆逐艦 [3] 。. 桜型 樺型 桃型 楢型 樅型 若竹型.

PDF. イナイレgo2 ザ・ラグーン, DD USS Coop. 61cm4153cm61153cm61cm41 [63] [14]. [22]. 20121 [] 14 [] [ 39] [] [] 5 [] 1 [] 松型駆逐艦 竹 [] [] イナズマイレブン帝国学園 [] .

艦橋は船首楼甲板から2段 縄文人 髪型 男 、上甲板から数えると3段 陽炎型等は4段 の構造になる [79] 。従来の形状とは全く違い、曲線部の無い箱型構造になる [79] 。艦橋は地上で組み立て、船体に搭載した [79] 。工事簡易化のために操舵室は廃止され、羅針艦橋内に操舵機がある [79] 。羅針艦橋の上は露天の上部艦橋で防空指揮所兼測距所であり、前面と側面に防弾板を兼ねた側板がある [79] 。この側板は戦訓から後方に伸ばされ [79] 、艦によって違いがある。 なお、羅針艦橋前の25mm3連装機銃の下には弾薬供給所が置かれたが、日本海軍の駆逐艦では松型 と橘型 のみに設置された [79] 。.

つづいて「竹」は、別艦の救援任務に従事する。 パラオ諸島 北部の ガルワングル環礁 で座礁中して行動不能になった白露型駆逐艦「 五月雨 」の救援を命じられた [注釈 6] 。 8月26日 夜、ガルワングル環礁に到着した「竹」は「五月雨」より生存者を収容した [81] 。大熊安之助少佐(五月雨駆逐艦長)と田中少佐(竹駆逐艦長)は海兵同期であり、田中の説得により大熊も退艦して「竹」に移乗した [82]. 大日本帝国海軍 の 駆逐艦 の艦型.

: ISBN. [50] [16]. : ISBN! 2 松型駆逐艦 竹 DD-6 95 36 10 1 松型駆逐艦 竹 30 2 13 11. 2 [6]. [31] [32] [33] 178 [34] [32] [32] [35] [32] 17 [32]. m [91] [92] 18 [91] !

終戦時には18隻が航行可能状態で残存していた(32隻竣工、9隻沈没、5隻航行不能) [] 。それらは戦後 復員 輸送に使われ、その後各国に 戦時賠償 艦( 戦利艦 )として引き渡された [50] 。中国やソ連は引き渡された艦を自国の海軍に編入して使用した。アメリカ、イギリスに引き渡された艦の一部と残った艦 航行不能艦や未成艦 は解体されるか 防波堤 の一部として使われた [50] 。. 重油:トン [2]. リノリウム 甲板敷物の一種 を全面廃止、手すり柱などのメッキ加工を廃止して塗装に変更するなどの簡易化が更に行われた [23] 。.

[ 6] 826 [81] [82]. 3 2 1 59 9 3 9. 1, [36] [37] [38].


Facebook
Twitter
コメント
Ryoichi 28.08.2021 13:48 答える

括弧書きは未成艦 大日本帝国海軍艦艇一覧. マストや支柱は鋼管材でなく山形鋼を組み合わせたものに変更した [23] 。艤装品でも副錨を廃止、索具や天幕なども極力減らし [23] 、艦尾旗竿も廃止された [64] 。軍艦旗は後部マストのガフに掲げられ、停泊燈、艦尾燈は後部天幕支柱に設置された [64] 。弾薬庫への緊急注水管も廃止された [23] 。通風筒なども工作の簡単なキセル型になり、機械室の天窓も簡易化された [23] 。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 recycledpirate.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.