島津藩家紋

発行者: 28.08.2021

忠義 戦国時代には「島津義久」を当主として、弟「 島津義弘 」らの活躍もあって、九州のほぼ全域を領有します。. しかし、豊臣秀吉の九州征伐によって薩摩、大隅、日向の一部を加えた領土の安堵を条件に降伏、 関ヶ原の戦いで西軍に所属し敗戦するも徳川幕府との外交戦に勝利して所領を守り抜き、義弘の三男の忠恒(ただつね、改名して家久となる)を18代島津当主、初代薩摩藩藩主として徳川幕藩体制のもと、この地を納めることになります。.

貴久の嫡男、戦国大名として名を馳せた島津四兄弟の長兄、弟の義弘、歳久、家久とともに大友氏、龍造寺氏を破り、 九州をほぼ平定し、豊臣秀吉と和睦後も実権を持ち続け、薩摩藩の確固たる地位を築きました。. 忠治 義久 島津義弘を第17代当主とする史料の初出は、 幕末 に編纂された『島津氏正統系図』と考えられている [注釈 11] 。これ以降、島津家の系図はこれを基に作られ「義弘=17代当主」という認識が定着していった。また秀吉の九州征圧後、義久に大隅を、義弘に薩摩をそれぞれ 蔵入地 として宛がったことも義弘が当主であるという認識を補強する材料となった(島津=薩摩という印象から、「薩摩を与えられたのだから当主なのだろう」という見方ができる)。.

同じく九州の 守護 に任じられた島津忠久と 豊後 の 大友能直 に共通していることは、共に後の九州を代表する 名族 の祖でありながら、彼らの出自がはっきりしないということ、いずれも「母親が頼朝の側室であったことから、頼朝の引き立てを受けた」と伝承されていることだろう。忠久は摂関家の家人として京都で活動し、能直は幕府の実務官僚・ 中原親能 の 猶子 だった。この当時、地頭に任じられても遠隔地荘園の荘務をこなせる 東国 icon カラー は少なかったと見られ、島津氏も 大友氏 も軍功ではなく荘園経営能力を買われて九州に下っている形が共通している [注釈 3] 。.

Tweet Share Hatena Pocket RSS feedly Pin it. [24] [25] .

同じく九州の 守護 に任じられた島津忠久と 豊後 の 大友能直 に共通していることは、共に後の九州を代表する 名族 の祖でありながら、彼らの出自がはっきりしないということ、いずれも「母親が頼朝の側室であったことから、頼朝の引き立てを受けた」と伝承されていることだろう。忠久は摂関家の家人として京都で活動し、能直は幕府の実務官僚・ 中原親能 の 猶子 だった。この当時、地頭に任じられても遠隔地荘園の荘務をこなせる 東国 武士 は少なかったと見られ、島津氏も 大友氏 も軍功ではなく荘園経営能力を買われて九州に下っている形が共通している [注釈 3] 。.
  • やがて 鎌倉幕府 の力が衰えて倒幕の機運が高まると、 年 ( 元弘 3年、 正慶 2年)に5代・ 島津貞久 が 後醍醐天皇 の鎌倉幕府討幕運動に参加する。貞久は九州の御家人とともに 鎮西探題 を攻略し、鎌倉幕府滅亡後には初代・忠久以来の大隅・日向の守護職を回復した。その後 建武の新政 が崩壊すると、建武政権から離反した 足利尊氏 が 摂津国 で敗れて九州へ逃れてきたため、 少弐氏 と共に尊氏を助け、 筑前国 多々良浜の戦い ( 福岡県 福岡市 )で 菊池氏 ら 後醍醐天皇 の宮方と戦うなど、九州武家方の有力 大名 として活躍する。しかし、 南北朝時代 の 年 ( 南朝 :興国3年、 北朝 :康永元年)中期に南軍の征西将軍として派遣された 懐良親王 が 南九州 へ入り、 菊池氏 と共に勢力を強大化させたため、一時は南朝方にも属するなど苦戦を強いられた。.
  • 藩士「 西郷隆盛 」が徳川幕府を倒し、盟友「 大久保利通 」が明治新政府の基礎を作り上げ、近代日本の礎を築き上げたのでした。.

「島津」の姓と"丸に十の字"の社章の由来

立久 鎌倉幕府 の有力御家人島津氏初代・忠久は清和源氏を本姓としていますが、言い伝えでは 忠久を源頼朝の側室・丹後局が大阪摂津の住吉神社の境内で産み落としたと言われており、島津氏は将軍家一門扱いであったとされているためです。. 忠久の実父については諸説あり、頼朝の実子であり 惟宗広言 の養子であったとする説以外に、広言の実子であるという説があるが、 通字 の問題などから広言の実子説については近年疑問視する説もある。. 忠久の長男である 島津忠時 は 承久の乱 にて鎌倉幕府方の有力 武将 として相当の武功を挙げたとみられ、 薩摩国 ・ 大隅国 ・ 日向国 の他、 若狭国 守護職や 伊賀国 ・ 讃岐国 ・ 和泉国 ・ 越前国 ・ 近江国 など各地の地頭職も得るなど鎌倉幕府でも巨大な御家人となる。また承久の乱の際に忠時が使用した 太刀 は『綱切』と号されて、 源氏の白旗 、家祖・忠久愛用の 大鎧 は共に島津宗家 当主 が私蔵すべき家伝三種の重宝として相伝することとなった(『西藩野史』)。乱後、忠久は 越前国 守護職に補せられ、計五ヶ国を有するなど鎌倉幕府内でも筆頭守護人となる。 年 ( 安貞 元年)、忠久の死去に伴い 嫡子 忠時が島津氏2代当主の座を継ぎ、所職を相続したが、越前国守護職はほどなくして 後藤氏 に交替している。.

鎌倉時代 以来、鎌倉幕府の名家島津氏は 相馬氏 、 相良氏 、 宗氏 、 南部氏 と並び、 ハリーポッター 有名な呪文 まで、年近くにわたり同一の国・地域を治め続けた、世界でも稀有な領主である。明治に至り、 島津忠義 の本家と、実父 島津久光 が維新後自ら分家した 玉里島津家 の2家に 公爵 が授爵される。他、有力分家に 昭和天皇 第5皇女 清宮貴子内親王 が嫁した佐土原島津家(旧佐土原藩主家、幕末時2万石、 伯爵 )がある。その他多数の分家が 男爵 に叙爵された。.

3 25 3 ! WordPress.

薩摩藩家紋の呼び名とは?丸に十の字で何を意味しているのか解説

佐志家 忠清. 鎌倉幕府 の有力御家人島津氏初代・忠久は清和源氏を本姓としていますが、言い伝えでは 忠久を源頼朝の側室・丹後局が大阪摂津の住吉神社の境内で産み落としたと言われており、島津氏は将軍家一門扱いであったとされているためです。. 言葉の量化と数の言葉の量化 年 4月 07日.

3 4 6 島津藩家紋. 4 07. 25 2. 15 .

島津製作所の現在の社章と図形の寸法比率

斉興 貞久は嫡男の 島津宗久 を早くに失っていたため、3男の 島津師久 と4男の 島津氏久 にそれぞれ薩摩・大隅の守護職を分与し島津氏を分割継承させた。島津師久は 若月佑美 桜井玲香 橋本環奈 に任じられていたので、その子孫は 総州家 、島津氏久は 陸奥守 に任じられていたので、その子孫は 奥州家 と言われた。分割継承の後は、6代・氏久(奥州家)が水島の陣にて武家方である 九州探題 ・ 今川貞世 の 少弐冬資 謀殺( 水島の変 )に怒り、 武家 方を離反すると、同じく6代・師久(総州家)もこれに順じて武家方から離反するなど、両家は団結して島津氏に仇なす征西府と今川探題が 一揆 させた 南九州国人一揆 と戦い、やがてそれら外敵を退けることに成功した。. 鎌倉幕府の御家人・ 島津忠久(しまずただひさ) が薩摩、大隅、日向(現在の鹿児島県、宮崎県)の守護職に任じられてから廃藩置県で薩摩藩がなくなるまでの長きに渡って南九州一帯を治めた島津氏。 守護職から守護大名、そして戦国大名へと変貌するなかで有能な人材、優れた戦闘能力で領土を拡大し、 最大時には九州地方の9割を勢力下に置く大大名となります。 「薩摩に暗君なし」 と言われた名門島津氏とは、どのような家系で歴史を刻み、その子孫は現在何をしているのか、また家紋を含めて歴史の資料を探ってみました。.

幕末 に至って、膨張する西洋帝国主義に対抗すべく、28代 島津斉彬 の時に洋式製鉄、造船、紡績を中心とした近代産業を興した( 集成館事業 )。 参預会議 の失敗で薩摩藩はそれまで推進してきた 公武合体 や 公議政体 などの幕府改革路線( 島津幕府 )を捨て、藩内より尊皇倒幕の志士を輩出、 30言ったら負け 必勝法 と深い縁戚関係にありながら、外様で反徳川の 毛利家 と 薩長同盟 を結び、倒幕の中心となる。.

島津氏 丸に十文字 ( まる に じゅうもんじ ). この薩摩島津氏の他、越前、 信濃 、 駿河 、 若狭 、 播磨 、 近江 に支流としての島津氏が派生し、それぞれ 越前島津氏 、 信濃島津氏 、 河州島津氏 、 めざパ 個体値 、 播磨島津氏 、 江州島津氏 と呼ばれている。.

最近の投稿 【年表あり】北条政子とはどんな人?何した人なのか簡単にわかりやすく解説 【年表あり】徳川昭武とはどんな人?何した人なのか簡単にわかりやすく解説 銀閣寺を建てた人物は誰?いつ何の目的でどんな理由で作られたのか解説 金閣寺を建てた人物は誰?いつ何の目的でどんな理由で作られたのか解説 【年表あり】土方歳三とはどんな人?何した人なのか簡単にわかりやすく解説.

  • 重年
  • 一番格上は 御一家 (ごいっか)と称される島津の有力庶家で、 薩州家 ・ 伊作家 ・ 相州家 などに加え、 北郷家 と 樺山家 などもこれに類された [20] 。また、6代 氏久 が子の 元久 に対し、「宗家と御一家の間に身分の上下は無く、特に 和泉 ・ 佐多 ・ 新納 ・北郷・樺山の各氏は 御教書 を与えられた家であり、上下はないと心得るよう」言い含めており、少なからず元久の代まではそのような関係が続いていたようである [20] 。.
  • ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン.
  • 氏久 元久 久豊 忠国 立久 忠昌 忠治 忠隆 勝久 貴久 義久 義弘 家久 光久 綱貴 吉貴 継豊 宗信 重年 重豪 斉宣 斉興 斉彬 忠義 忠重 忠秀 修久 現在.

[20]. 25 2. 3 4. 15 15. 島津藩家紋 [23] 2 [23] [23] .

このページに関する問い合わせ先

宗信 斉宣 最近の投稿 【年表あり】北条政子とはどんな人?何した人なのか簡単にわかりやすく解説 【年表あり】徳川昭武とはどんな人?何した人なのか簡単にわかりやすく解説 銀閣寺を建てた人物は誰?いつ何の目的でどんな理由で作られたのか解説 金閣寺を建てた人物は誰?いつ何の目的でどんな理由で作られたのか解説 【年表あり】土方歳三とはどんな人?何した人なのか簡単にわかりやすく解説.

[ 1] [ 2] !


Facebook
Twitter
コメント
Hajime 01.09.2021 00:52 答える

鎌倉幕府の御家人・ 島津忠久(しまずただひさ) が薩摩、大隅、日向(現在の鹿児島県、宮崎県)の守護職に任じられてから廃藩置県で薩摩藩がなくなるまでの長きに渡って南九州一帯を治めた島津氏。. 一番格上は 御一家 (ごいっか)と称される島津の有力庶家で、 薩州家 ・ 伊作家 ・ 相州家 などに加え、 北郷家 と 樺山家 などもこれに類された [20] 。また、6代 氏久 が子の 元久 に対し、「宗家と御一家の間に身分の上下は無く、特に 和泉 ・ 佐多 ・ 新納 ・北郷・樺山の各氏は 御教書 を与えられた家であり、上下はないと心得るよう」言い含めており、少なからず元久の代まではそのような関係が続いていたようである [20] 。.

Yoshimasa 06.09.2021 18:57 答える

名前 必須.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 recycledpirate.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.