姫若子の湯

発行者: 04.09.2021

見た目はいいがおとなしすぎて「姫若子」と呼ばれた少年時代 天文8()年、 長宗我部元親 は土佐の戦国武将・ 長宗我部国親(ちょうそかべくにちか) の息子として生まれました。 父・国親は、当時落ちぶれていた長宗我部氏の勢いを取り戻した傑物で、土佐統一の野望を抱く気概のある人物でした。その跡を継ぐ元親も、そんな父親の気質を色濃く受け継いでいてくれることが皆の希望でしたが、残念ながら、少年時代の元親はその期待を裏切るような 柔和な少年だった そうです。 元親は、色白で背が高く、眉目秀麗な少年でしたが、いかんせんおとなしい性格で、父・国親はそれをいつも心配していました。おとなしいというよりも ぼんやりしている とも言われ、 「うつけ(まぬけ、馬鹿者)なのではないか」 と陰口をたたかれるほどだったのです。そのため、ついたあだ名は 「姫若子」 。 お姫様のような若君 という意味でした。.

コメントするには サインイン または 登録 して下さい。.

元親は、色白で背が高く、眉目秀麗な少年でしたが、いかんせんおとなしい性格で、父・国親はそれをいつも心配していました。おとなしいというよりも ぼんやりしている とも言われ、 エドワード・ウィーブル wiki と陰口をたたかれるほどだったのです。そのため、ついたあだ名は 「姫若子」 。 お姫様のような若君 という意味でした。. 弟や息子を養子入りさせ、周辺勢力を長宗我部氏の傘下に置く 元親は戦によって周辺武将を制圧していきましたが、同時に、 縁戚関係を結ぶことで体よく乗っ取りを進めていきました。 若い頃は弟たちを、結婚して男子が生まれると彼らを養子入りさせたのです。これは「三本の矢」でも有名な 毛利元就(もうりもとなり)も用いた手 で、元就の場合は息子たちを養子入りさせ、毛利氏への強力な援軍とさせました。 このやり方と同様、元親は弟・ 親貞(ちかさだ) は吉良(きら)氏へやり、もう一人の弟・ 親泰(ちかやす) は香宗我部(こうそかべ)氏に養子縁組させました。 また、二男・ 親和(ちかかず) は香川氏に、三男・ 親忠(ちかただ) は津野(つの)氏へと、着々と周辺に縁戚を増やして勢力を拡大していったのです。.

このやり方と同様、元親は弟・ 親貞(ちかさだ) 戦国無双1 服部半蔵 親泰(ちかやす) は香宗我部(こうそかべ)氏に養子縁組させました。. 見た目はいいがおとなしすぎて「姫若子」と呼ばれた少年時代 天文8()年、 長宗我部元親 は土佐の戦国武将・ 長宗我部国親(ちょうそかべくにちか) の息子として生まれました。 父・国親は、当時落ちぶれていた長宗我部氏の勢いを取り戻した傑物で、土佐統一の野望を抱く気概のある人物でした。その跡を継ぐ元親も、そんな父親の気質を色濃く受け継いでいてくれることが皆の希望でしたが、残念ながら、少年時代の元親はその期待を裏切るような 柔和な少年だった そうです。 元親は、色白で背が高く、眉目秀麗な少年でしたが、いかんせんおとなしい性格で、父・国親はそれをいつも心配していました。おとなしいというよりも ぼんやりしている とも言われ、 「うつけ(まぬけ、馬鹿者)なのではないか」 と陰口をたたかれるほどだったのです。そのため、ついたあだ名は 「姫若子」 。 お姫様のような若君 という意味でした。.

このやり方と同様、元親は弟・ 親貞(ちかさだ) は吉良(きら)氏へやり、もう一人の弟・ 親泰(ちかやす) は香宗我部(こうそかべ)氏に養子縁組させました。.

Rinto. 32210 2. Related Posts.

  • 元親は、色白で背が高く、眉目秀麗な少年でしたが、いかんせんおとなしい性格で、父・国親はそれをいつも心配していました。おとなしいというよりも ぼんやりしている とも言われ、 「うつけ(まぬけ、馬鹿者)なのではないか」 と陰口をたたかれるほどだったのです。そのため、ついたあだ名は 「姫若子」 。 お姫様のような若君 という意味でした。. また、二男・ 親和(ちかかず) は香川氏に、三男・ 親忠(ちかただ) は津野(つの)氏へと、着々と周辺に縁戚を増やして勢力を拡大していったのです。.
  • Related Posts. 初陣は土佐の命運を決する大きな戦 先行き不安な姫若子だったせいか、元親の初陣は戦国武将としては非常に遅く、永禄3()年、彼が22歳になってからのことでした。早いと10代前半で初陣を飾りますから、いかに遅かったかがわかりますよね。 元親の初陣となった 「長浜の戦い」 は、 本山(もとやま)氏 と土佐の覇権を巡る戦いでした。また、本山氏はかつて元親の祖父である 長宗我部兼序(ちょうそかべかねつぐ) を攻め滅ぼした仇敵でもあったのです。 とはいえ、兵力差は大きく、本山氏は2倍以上の兵力を有しており、なかなか厳しい戦になることは予想されていました。.

戦国時代の人物の主な異名タグ

元親の快進撃はそれだけにとどまらず、 家臣の制止を振り切り、勢いに乗じて敵方の城まで奪ってしまった というのですから、家臣たちの唖然とするさまが目に浮かぶようですよね。. Previous Article 信長らがおこなった経済政策「楽市・楽座」をもっと理解する4つのポイント!. May May 編集されました. htm 六人部連のなかでも、最も著姓である山城国乙訓郡の向日神社(向日市向日町北山) 奉斎の六人部連は海神族系の尾張氏族とするのが妥当である。物部の職掌には「水取」もあり、これが「モヒトリ、モトリ」と訓まれたから、安毛建美命は物部 氏族の水取連の祖であり、真年も水取連・舂米連の祖だと記す。舂米連は、河内北部の茨田・交野両郡にまたがる茨田屯倉に関して定められたと仁徳紀にいう舂 米部を管掌したが、物部氏族には珍しく、北九州にもあり、筑前国糟屋評造の郡領として史料に見える。茨田屯倉の淀川対岸となる摂津国島下郡穂積郷には舂米 寺(『日本霊異記』上巻)もあり、舂米部の分布(河内のほか、美濃国本巣郡、周防国玖珂郡、筑前国志摩郡。因幡にも現若桜町舂米)などの事情も併せて、舂米連は穂積臣や矢田部造に近縁とみられる。  そうすると安毛建美命の系譜は、「天孫本紀」にいう伊香色雄の子ではなく、穂積系の末盧国造祖・矢田稲吉命の子弟という可能性がある。同書で は、大新河命の同母兄とするから、大新河命に相当する大矢口宿祢の兄の同母兄の大水口宿祢が安毛建美に当たるとすれば、上記の諸事情がすべて符合する。.

土佐で勢いを取り戻してきた有力武将・長宗我部氏に生まれた 長宗我部元親 は、少年時代はおとなしくぼんやりとした、なんとも頼りない少年で、 「姫若子」 と呼ばれるほどでした。しかし、初陣に臨んだ彼は、誰もが予想だにしなかった大活躍を見せ、一気に武将として脱皮を遂げることになります。周囲を驚かせた彼の成長ストーリーを見ていきましょう。.

  • 周辺勢力を次々と制圧 元親が変貌を遂げた長浜の戦いが終わってすぐ、父・国親が亡くなり、元親はついに家督を継ぐことになりました。しかし、以前のように家臣たちは不安を抱いてはいませんでした。おそらく、亡くなった父もそうだったでしょう。何せ、元親は今や「鬼若子」。頼もしい若武者へと成長を遂げていたのです。 まず元親は、目下最大の障壁となっている本山氏との決戦に臨みます。数年間を擁しましたが、本山氏を制圧すると、彼は土佐中部を手中に収めることに成功しました。 すでにこの時、元親は名君として成長していたこと証明しています。実は、元親の姉は本山氏に嫁いでおり、男子をもうけていました。この男子・ 本山親茂(もとやまちかしげ) は、元親の甥でありながらも、元親の制圧戦に徹底的に抵抗したのです。 大きな損害を与えられた元親ですが、 勇猛な甥を赦し、自らの長男・信親(のぶちか)の家老として迎えました。 親茂は信親によく仕え、討死まで共にしたそうです。 また、本山氏と時期を同じくして、同じ土佐の 安芸国虎(あきくにとら) も破り、土佐東部も手中におさめています。. Related Posts.
  • コメントするには サインイン または 登録 して下さい。. Related Posts.

Previous Article 4. Read the full story here.

姫若子と呼ばれた少年期の長宗我部元親

また、二男・ 親和(ちかかず) は香川氏に、三男・ 親忠(ちかただ) は津野(つの)氏へと、着々と周辺に縁戚を増やして勢力を拡大していったのです。. May 河内物部 ウマシマジー味饒田命ー大彌命ー大木食命ー鬱色雄命ー武建大尼命ー建 胆心大彌命ー物部建諸隅命 1代 宇摩志麻治命(うまちまち) 2代 味饒田命(うましにぎた) 阿刀連 彦湯支命(ひこゆき) 綏靖 :足尼・食国の政を申す大夫 3代 大禰命(おおね)   安寧 :侍臣  出雲醜大臣命(いずものしこおおみ)懿徳 :食国の政を申す大夫・大臣 出石心大臣命(いづしごころおおみ)孝昭、大臣 4代 大木食命(おおきけ) 三河国造   六見宿禰命(むつみのすくね) 小治田連 孝安 :足尼・宿禰 三見宿禰命(みつみのすくね) 漆部連 孝安 :足尼・宿禰 大水口宿禰命(おおみなくちのすくね)穂積臣、采女臣 孝霊 :宿禰 大矢口宿禰命(おおやくちのすくね)   5代 欝色雄命(うつしこお)   孝元 :大臣 欝色謎命(うつしこめ)   孝元天皇の皇后 大綜杵命(おおへそき)   孝元 :大禰、開化 :大臣 大峯大尼命(おおみねのおおね)  開化 :大尼 6代 武建大尼命(たけたつおおね)   開化 :大尼 伊香色謎命(いかがしこめ)   孝元天皇の妃、開化天皇の皇后 伊香色雄命(いかがしこお)  開化・崇神 :大臣 7代 建胆心大禰命(たけいこころおおね)   崇神 :大禰 多弁宿禰命(たべのすくね) 宇治部連、交野連 崇神 :宿禰 安毛建美命(やすけたけみ) 六人部連 崇神 :侍臣 大新河命(おおにいかわ)   垂仁 :大臣・大連 十市根命(とおちね)   垂仁 :大夫・大連 建新川命(たけにいかわ) 倭志紀縣主 垂仁 :侍臣 大咩布命(おおめふ) 若湯坐連 建新川命 (たけにいかわのみこと) 大閉蘇杵の孫。大宅首の祖という(『録』左京神別上、右京神別上)。 『旧』天孫本紀に、宇摩志麻治命七世の孫で、十千根らの弟とある。伊香色雄の子。 垂仁天皇の時代、侍臣として仕え、志紀県主らの祖という。伊香色雄の妻に「倭の志紀彦」の娘がいるので、おそらくは彼女が母であろう。.

xiao. Related Posts. - Rinto. htm   !

htm 六人部連のなかでも、最も著姓である山城国乙訓郡の向日神社(向日市向日町北山) 奉斎の六人部連は海神族系の尾張氏族とするのが妥当である。物部の職掌には「水取」もあり、これが「モヒトリ、モトリ」と訓まれたから、安毛建美命は物部 氏族の水取連の祖であり、真年も水取連・舂米連の祖だと記す。舂米連は、河内北部の茨田・交野両郡にまたがる茨田屯倉に関して定められたと仁徳紀にいう舂 米部を管掌したが、物部氏族には珍しく、北九州にもあり、筑前国糟屋評造の郡領として史料に見える。茨田屯倉の淀川対岸となる摂津国島下郡穂積郷には舂米 寺(『日本霊異記』上巻)もあり、舂米部の分布(河内のほか、美濃国本巣郡、周防国玖珂郡、筑前国志摩郡。因幡にも現若桜町舂米)などの事情も併せて、舂米連は穂積臣や矢田部造に近縁とみられる。  そうすると安毛建美命の系譜は、「天孫本紀」にいう伊香色雄の子ではなく、穂積系の末盧国造祖・矢田稲吉命の子弟という可能性がある。同書で は、大新河命の同母兄とするから、大新河命に相当する大矢口宿祢の兄の同母兄の大水口宿祢が安毛建美に当たるとすれば、上記の諸事情がすべて符合する。.

Read the full story here. 戦国時代に土佐(高知県)を統一し、四国をほぼ手中に収めた戦国武将・ 長宗我部元親(ちょうそかべもとちか) 。 「姫和子(ひめわこ)」 と呼ばれ、先行き不安とみなされていた彼が、どうして土佐統一の偉業を成し遂げることができたのでしょうか。長宗我部氏の全盛を築き、晩年には暗君へと転じてしまった彼の人生を見ていきたいと思います。.

May December : ? 32210 2. Next Article 姫若子の湯. htm  . Previous Article 4.

Next Article 新しい古代遺跡とは?古代文明の常識を変える?. 見田・大沢古墳群(みた・おおさわこふんぐん) 見田・大沢古墳群 宇陀市菟田野見田・大沢 古墳時代初頭 概要 古墳時代前期の古墳群で4基の方墳と1基の前方後円墳で構成されている。古墳の発生期に近い時期のものとされ、それは墳丘規模や割竹形木棺(わりたけがたもくかん)を納めた大規模な墓壙(ぼこう)、仿製四獣鏡(ぼうせいしじゅうきょう)・鉄剣・玉類の出土などからも明らかである。大和盆地東南地域で前方後円墳を主体とした大型古墳が築造されはじめる時代に、宇陀地域においてこのような古墳群が形成されていたということは古墳の発生を考える上でもきわめて価値の高いものと評価できる.

htm 六人部連のなかでも、最も著姓である山城国乙訓郡の向日神社(向日市向日町北山) 奉斎の六人部連は海神族系の尾張氏族とするのが妥当である。物部の職掌には「水取」もあり、これが「モヒトリ、モトリ」と訓まれたから、安毛建美命は物部 氏族の水取連の祖であり、真年も水取連・舂米連の祖だと記す。舂米連は、河内北部の茨田・交野両郡にまたがる茨田屯倉に関して定められたと仁徳紀にいう舂 米部を管掌したが、物部氏族には珍しく、北九州にもあり、筑前国糟屋評造の郡領として史料に見える。茨田屯倉の淀川対岸となる摂津国島下郡穂積郷には舂米 寺(『日本霊異記』上巻)もあり、舂米部の分布(河内のほか、美濃国本巣郡、周防国玖珂郡、筑前国志摩郡。因幡にも現若桜町舂米)などの事情も併せて、舂米連は穂積臣や矢田部造に近縁とみられる。  そうすると安毛建美命の系譜は、「天孫本紀」にいう伊香色雄の子ではなく、穂積系の末盧国造祖・矢田稲吉命の子弟という可能性がある。同書で は、大新河命の同母兄とするから、大新河命に相当する大矢口宿祢の兄の同母兄の大水口宿祢が安毛建美に当たるとすれば、上記の諸事情がすべて符合する。.

Related Posts.

May May. … 502 70 !


Facebook
Twitter
コメント
Seiichi 05.09.2021 12:31 答える

水分とは「鉱石を冶金すること」を指す。 水分神、それは特定の時期に一斉に現れて、天之水分・国之水分という職掌名はあっても固体の神名は封じられた神でした。 水分神は地元の縄文神だったものが、大和王権が新規開発した水銀や銅などの金属生産の現場担当になったものだ.

Shigekazu 05.09.2021 19:23 答える

父の跡を継いだ元親は、今までとは打って変わって精力的に動き出します。周辺勢力を次々と制圧し、養子縁組によって他家をほぼ乗っ取るなど、その策謀は見事なものでした。そして彼はついに、従属していた一条氏からの独立を図り、一条氏を撃破し、先祖からの悲願でもあった 土佐統一 を果たすことになるのです。. xiao 歴史系ライターの経験を生かして、歴史や豆知識、雑学から学べる教養を、わかりやすくご紹介していけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 recycledpirate.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.