藩翰譜

発行者: 09.09.2021

左衛門尉酒井家 、 本多家 、 井伊家 、 榊原家. カテゴリ: 系図 江戸時代の歴史書 年代の書籍 江戸時代の大名 新井白石. 出典  ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について  情報.

中村可近 百科事典. 越前松平家 、 尾張徳川家 、 紀州徳川家 、 水戸徳川家 、 保科松平家 、 甲府徳川家 、 館林徳川家. 形原松平家 、 深溝松平家 、 能見松平家 、 荻生松平家 、 刀剣 乱舞 アンチ キャラ 、 藤井松平家 、 長沢松平家.

藩翰譜の出典だが、本文中に「ある人のいう」「一説にいう」などの伝聞調の記述が見られ、また白石の『 折たく柴の記 』には、「諸家の事共、尋ね究めて」と記載があり、藩翰譜が伝聞に基づくものであることがわかる。そして他の史料を引用している記述は見られないことから、新井白石が伝聞に基づいて、独自の主観で編纂したものと思われる。 家系図 においても、『 寛政重修諸家譜 』で大幅に修正を加えると、ほとんど改修となってしまうと記載されている。とはいえ、文学的価値の観点からとらえれば漢字と平仮名による日本文の様式を確立したもので、和文としての歴史叙述を確かなものとしたともいえ、 谷崎潤一郎 等が高く評価している。史料としては、幕府正史の『 徳川実紀 』に大名のエピソードが藩翰譜より多数引用されている。.

瀬名貞雄 百科事典. また類似したものに、『 寛政重修諸家譜 』、『 寛永諸家系図伝 』などがある。一般に言われる通説や、大名家に残っている家系図と同じとは限らず、比較考証が必要とされる。.

. org. Weblio .

瀬名貞雄 百科事典. 大久保家 、 石川家 、 鳥居家 、 内藤家 、 植村家 、 安部家 、 渡辺家. 伊達家 、 細川家 、 水口加藤家 、 藤堂家 、 森家.
  • 毛利家 、 島津家 、 鍋島家 、 蜂須賀家.
  • 真田家 、 九鬼家 、 金森家 、 分部家 、 遠山家 、 遠藤家 、 一柳家 、 市橋家 、桑山家、 仙石家 、 溝口家.

藩翰譜 のカテゴリ情報

松平与副 百科事典. 臼杵稲葉家 、 脇坂家 、 小出家 、 大洲加藤家 、 谷家 、 木下家 、 相良家 、 秋月家 、 宗家 、 松浦家 、 五島家 、久留島家. この記事は、ウィキペディアの藩翰譜 改訂履歴 の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書 に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。. 南部家 、 戸沢家 、 津軽家 、 六郷家 、 水谷家 、 那須家 、 大田原家 、 大関家 、 ラブゲッchu スロット 、 日向伊東家 、 中川家 、 肥前有馬家 、 大村家 、 藤姓毛利家. また類似したものに、『 寛政重修諸家譜 』、『 寛永諸家系図伝 』などがある。一般に言われる通説や、大名家に残っている家系図と同じとは限らず、比較考証が必要とされる。.

はんかんぷ【藩翰譜】 江戸中期の歴史書。13巻。 新井白石 fifa ガチャ ps4.

  • 織田家 、 建部家 、 片桐家 、 青木家 、 備中伊東家.
  • 富田家 、 稲葉家(重通の家系) 、 徳永家 、 揖斐藩西尾家 、 古田家 、 近江山崎家 、 高取藩本多家 、 松下家 、 高橋家 、 関家 、 杉原家 、 美濃前田家 、 松倉家 、 坂崎家 、 戸川家 、 平岡家 、 藤田信吉 、 竹中家 、 佐久間家 、村上家( 頼勝 ・ 忠勝 の家系)、 石川家(数正の家系) 、 日根野家 、 成田家 、 佐野家 、 滝川家.

.

関連語をあわせて調べる

英会話コラム Weblio英会話 英語の質問箱 語彙力診断 スピーキングテスト. 南部家 、 戸沢家 、 津軽家 、 六郷家 、 水谷家 、 那須家 、 大田原家 、 大関家 、 亀井家 、 日向伊東家 、中川家、 肥前有馬家 、 大村家 、 藤姓毛利家. 便利な機能 ・ ウェブリオのアプリ ・ 画像から探す. 南部家 、 戸沢家 、 津軽家 、 六郷家 、 水谷家 、 那須家 、 大田原家 、 大関家 、 亀井家 、 日向伊東家 、 中川家 、 肥前有馬家 、 大村家 、 藤姓毛利家.

Link Fang linkfang linkfang. Facebook Twitter WhatsApp Telegram E. : 藩翰譜.

藩翰譜 の前後の言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 福島正信 百科事典. カテゴリ: 系図 江戸時代の歴史書 年代の書籍 江戸時代の大名 新井白石. 南部家 、 戸沢家 、 津軽家 、 六郷家 、 水谷家 、 那須家 、 大田原家 、 大関家 、 亀井家 、 日向伊東家 、中川家、 肥前有馬家 、 大村家 、 藤姓毛利家. 藩翰譜の出典だが、本文中に「ある人のいう」「一説にいう」などの伝聞調の記述が見られ、また白石の『 折たく柴の記 』には、「諸家の事共、尋ね究めて」と記載があり、藩翰譜が伝聞に基づくものであることがわかる。そして他の史料を引用している記述は見られないことから、新井白石が伝聞に基づいて、独自の主観で編纂したものと思われる。 ドラゴンボール超 17号 強すぎる においても、『 寛政重修諸家譜 』で大幅に修正を加えると、ほとんど改修となってしまうと記載されている。とはいえ、文学的価値の観点からとらえれば漢字と平仮名による日本文の様式を確立したもので、和文としての歴史叙述を確かなものとしたともいえ、 谷崎潤一郎 等が高く評価している。史料としては、幕府正史の『 徳川実紀 』に大名のエピソードが藩翰譜より多数引用されている。.

出典  ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について  情報.

.    .       .

この記事は、ウィキペディアの藩翰譜 改訂履歴 の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書 に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。.

藩翰譜 はんかんふ 江戸中期,新井白石の著した歴史書 年甲府城主徳川綱豊(のちの6代将軍家宣 いえのぶ )の命により,諸大名の家譜・系図を編集したもので,'02年完成。全13巻。 関ケ原 の戦い以降の大名家を 親藩 ・ 夢占い 死亡の知らせ ・外様に分けて記載。天保年間(〜44)に出版された。. 形原松平家 、 深溝松平家 、 能見松平家 、 荻生松平家 、 桜井松平家 、 藤井松平家 、 長沢松平家.

.


Facebook
Twitter
コメント
Minako 14.09.2021 15:07 答える

水野家 、 久松松平家 、 増山家.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 recycledpirate.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.