屋烏の愛 意味

発行者: 09.09.2021

愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 溺愛、盲愛のたとえ。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏(からす)さえも愛おしくなるということから。 「屋を愛して烏に及ぶ」とも読む。 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根に止まっている烏さえも愛おしくなるということから。 烏焉魯魚 (うえんろぎょ) 文字を書き間違えること。 「烏」と「焉」、「魯」と「魚」の字の形が似ていることから。 烏獲之力 (うかくのちから) 非常に力が強いことのたとえ。 「烏獲」は人の名前。 中国の戦国時代の秦の武王に仕えていた烏獲は、重さ約八千キログラムのものを持ち上げる力持ちで、その力を使って武王に仕えて出世したという故事から。 烏合之衆 (うごうのしゅう) からすの群れは無秩序でただ集まっているだけということから、規律も統制も何も無く寄せ集めの集団や軍隊のたとえ。 烏集之交 (うしゅうのまじわり) 「烏集」は烏の群れのことで、疑り深く、利己的な鳥とされていることから、お互いに自分の利益のみを考え、誠意のない交流や集まりのこと。 「烏」を含む四字熟語を全て見る.

屋烏の愛について 屋烏の愛. 漢字検索 1画 2画 3画 4画 5画 6画 7画 8画 9画 10画 11画 12画 13画 14画 15画 16画 17画 18画 19画 20画 21画 22画 23画 24画 25画 26画 27画 28画.

検索メニュー 五十音検索 漢字検索. 遠い先のことばかり心配して、すぐそばに危険が迫っていることに気がつかない愚かさのたとえ。 「烏鵲」はカササギのこと。 カササギは、強風の吹くことが多い年には、高い枝ではなく低い枝に巣を作るが、そのために人からひなや卵をとられる危険があることには気づかないとの意から。. 愛多ければ憎しみ至る (あいおおければにくしみいたる) 特別に可愛がられることが多ければ、それを妬み憎む者が必ずいるということ。 愛嬌を振りまく (あいきょうをふりまく) 周囲の人々を喜ばせるように、明るくにこやかな態度で振る舞う。 「愛想を振りまく」は誤用。 「愛嬌」は「愛敬」とも書く。 愛想が尽きる (あいそがつきる) 相手の言動や態度にあきれ果て、嫌になってしまう。また、信頼できなくなる。 「愛想」は「あいそう」とも読む。 愛想づかしも金から起きる (あいそづかしもかねからおきる) 女が男につれなくなり愛想をつかすようになるのは、金銭上の問題からだということ。 愛想も小想も尽き果てる (あいそもこそもつきはてる) 愛情や好意がすっかりなくなり、いやになってしまうこと。 愛想を尽かす (あいそをつかす) 相手の態度や言動にあきれて、見限る。 「愛」を含むことわざを全て見る.

愛多ければ憎しみ至る (あいおおければにくしみいたる) 特別に可愛がられることが多ければ、それを妬み憎む者が必ずいるということ。 愛嬌を振りまく (あいきょうをふりまく) 周囲の人々を喜ばせるように、明るくにこやかな態度で振る舞う。 「愛想を振りまく」は誤用。 「愛嬌」は「愛敬」とも書く。 愛想が尽きる (あいそがつきる) 相手の言動や態度にあきれ果て、嫌になってしまう。また、信頼できなくなる。 「愛想」は「あいそう」とも読む。 愛想づかしも金から起きる (あいそづかしもかねからおきる) 女が男につれなくなり愛想をつかすようになるのは、金銭上の問題からだということ。 愛想も小想も尽き果てる (あいそもこそもつきはてる) 愛情や好意がすっかりなくなり、いやになってしまうこと。 愛想を尽かす (あいそをつかす) 相手の態度や言動にあきれて、見限る。 「愛」を含むことわざを全て見る.

愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 溺愛、盲愛のたとえ。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏(からす)さえも愛おしくなるということから。 「屋を愛して烏に及ぶ」とも読む。 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根に止まっている烏さえも愛おしくなるということから。 愛月撤灯 (あいげつてっとう) ものを大切にして可愛がる程度が、極めて激しいこと。 「愛月」は月を愛すること。 「徹灯」は光源となる灯りを撤去すること。 中国の唐の蘇テイは、酒を飲みながら詩を作る宴席で、月明かりがとても美しかったので、灯りを撤去させたという故事から。 「月を愛して灯を撤す」とも読む。 愛財如命 (あいざいじょめい) 財産を命と同等に扱って大切にすること。 または、命よりも財産を大切にすること。 「愛財、命の如し」とも、「財を愛すること命の如し」とも読む。 愛多憎至 (あいたぞうし) 神様の言うとおり まんが 愛多憎生 (あいたぞうせい) 愛や恩を多くもらいすぎると、憎しみやねたみを生むということ。 「愛多ければ憎しみ生ず」とも読む。 「愛」を含む四字熟語を全て見る.

  • 検索メニュー 五十音検索 漢字検索. 他人の権威を笠にきておごり、自らの低い地位に満足している愚か者のたとえ。 「晏子」は斉の宰相、晏嬰のこと。 「御」は御者のこと。 晏嬰の御者は、晏嬰を乗せたことで得意気になっていたが、その姿を見た御者の妻は離縁を迫ると、御者は改心したという故事から。.
  • 運営サイト 漢字辞典 四字熟語辞典 故事・ことわざ辞典 国語辞典 対義語・反対語辞典 地名辞典 数え方辞典 漢字検定WEB問題集 漢字検定WEB問題集. 屋烏の愛について 屋烏の愛.

愛及屋烏(あいきゅうおくう)の例文

阿吽之息 (あうんのいき) 複数の人と同じことをするときに、お互いの調子や気持ちが一致すること。 「阿」は吐く息、「吽」は吸う息のことをいい、互いの呼吸が揃った様子をいう言葉。 阿衡之佐 (あこうのさ) 賢い家臣や、宰相が政治の補佐をすること。 または、その人のこと。 「阿衡」は中国の殷の賢臣の伊尹が就いた官職の名前。 「佐」は手助けすること。 阿保之功 (あほのこう) 子供を育て上げた功績。 貴族などの、高い身分の人の子の子守りをする人の功績をいう。 「阿保」は子供を危険から守ったり、一緒に遊んだりすること。 晏子之御 (あんしのぎょ) 他人の権威を笠にきておごり、自らの低い地位に満足している愚か者のたとえ。 「晏子」は斉の宰相、晏嬰のこと。 「御」は御者のこと。 晏嬰の御者は、晏嬰を乗せたことで得意気になっていたが、その姿を見た御者の妻は離縁を迫ると、御者は改心したという故事から。 帷幄之臣 (いあくのしん) 参謀や軍師など、指揮官に付き従って作戦を練る部下のこと。 「帷」は垂れ幕「幄」は引き幕のこと。 昔の陣営は幕をめぐらしたことから作戦を練る場所、本陣や本営、軍部の意味。 異域之鬼 (いいきのき) 祖国に帰れず異国の地で死ぬこと。またはその人の魂。 「異域」は自分の国でない国、外国。 「鬼」は死んだ人の魂のこと。 故郷から離れて、外国に留まり続けている死者の魂という意味から。 「之」を含む四字熟語を全て見る.

屋烏之愛について 屋烏之愛. 愛多ければ憎しみ至る (あいおおければにくしみいたる) 特別に可愛がられることが多ければ、それを妬み憎む者が必ずいるということ。 リバースエッジ 動画 視聴 (あいきょうをふりまく) 周囲の人々を喜ばせるように、明るくにこやかな態度で振る舞う。 「愛想を振りまく」は誤用。 「愛嬌」は「愛敬」とも書く。 日本兵 最強 (あいそがつきる) 相手の言動や態度にあきれ果て、嫌になってしまう。また、信頼できなくなる。 「愛想」は「あいそう」とも読む。 愛想づかしも金から起きる (あいそづかしもかねからおきる) 女が男につれなくなり愛想をつかすようになるのは、金銭上の問題からだということ。 愛想も小想も尽き果てる (あいそもこそもつきはてる) 愛情や好意がすっかりなくなり、いやになってしまうこと。 愛想を尽かす (あいそをつかす) 相手の態度や言動にあきれて、見限る。 「愛」を含むことわざを全て見る.

漢字検索 転生したらスライムだった件 漫画 2画 3画 4画 5画 6画 7画 8画 9画 10画 11画 12画 13画 沖田 総悟 誕生日 15画 16画 17画 18画 19画 20画 21画 22画 23画 24画 25画 26画 27画 28画 29画 30画. 友人を思う切ない心情のこと。 「屋梁」は屋根を支えるはり、または、屋根のこと。 「落月」は沈んでいく月のこと。 中国の詩人杜甫が江南に流された友人の李白を思い、「家の屋根に落ちかかる月に君の面影を見た」と詩を詠じたことから。. 植木屋の庭できが多い (うえきやのにわできがおおい) 気が多いこと。 「気が多いこと」と「木が多いこと」をかけて言ったしゃれ。 産屋の風邪は一生つく 佐久間玲子 写真家 大風が吹けば桶屋が儲かる (おおかぜがふけばおけやがもうかる) 思いもかけないところに影響が出るたとえ。また、あてにならない期待をするたとえ。 大風が吹けば土ぼこりが舞い上がって目に入り、目の不自由な人が増える。目の不自由な人は三味線で生計を立てようとするので、三味線に使う猫の皮がたくさん必要になる。猫が少なくなるとねずみが増え、ねずみが桶をかじるので桶屋が儲かって喜ぶ、という話から。 「風が吹けば桶屋が儲かる(喜ぶ)」ともいう。 屋下に屋を架す (おくかにおくをかす) 無駄なことをするたとえ。 屋根の下にさらに屋根を架けるとの意から。 屋上、屋を架す (おくじょう、おくをかす) 無駄なことをするたとえ。 屋根の上にさらに屋根を架けるとの意から。 屋漏に愧じず (おくろうにはじず) たとえ人が見ていない場所でも、人に知られて恥じるような行いはしないということ。「屋漏」は家の一番奥まった所、または人目につかない所の意。 「屋」を含むことわざを全て見る.

屋烏の愛について 屋烏の愛.

「愛、屋烏に及ぶ」の使い方

思いもかけないところに影響が出るたとえ。また、あてにならない期待をするたとえ。 大風が吹けば土ぼこりが舞い上がって目に入り、目の不自由な人が増える。目の不自由な人は三味線で生計を立てようとするので、三味線に使う猫の皮がたくさん必要になる。猫が少なくなるとねずみが増え、ねずみが桶をかじるので桶屋が儲かって喜ぶ、という話から。 「風が吹けば桶屋が儲かる(喜ぶ)」ともいう。. 愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 溺愛、盲愛のたとえ。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏(からす)さえも愛おしくなるということから。 「屋を愛して烏に及ぶ」とも読む。 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根に止まっている烏さえも愛おしくなるということから。 屋上架屋 (おくじょうかおく) 無駄なことを繰り返すことのたとえ。 または、独創性のないことのたとえ。 「屋上」は屋根の上。 「架屋」は屋根を架けること。 屋根の上に屋根を架けるという意味から。 屋梁落月 (おくりょうらくげつ) 友人を思う切ない心情のこと。 「屋梁」は屋根を支えるはり、または、屋根のこと。 「落月」は沈んでいく月のこと。 中国の詩人杜甫が江南に流された友人の李白を思い、「家の屋根に落ちかかる月に君の面影を見た」と詩を詠じたことから。 窮閻漏屋 (きゅうえんろうおく) 大通りの裏にある荒れ果てた家のこと。 「窮閻」は貧しい町の中。 「漏屋」は雨が漏れる家、荒れ果てた家。 金屋貯嬌 (きんおくちょきょう) 妻とは別に扶養する女性をもつこと。妾。側室。 「金屋」は立派な建物のことで、宮中のこと。 「嬌」は若く美しい女性。 「金屋に嬌を貯う」とも読む。 中国の漢の武帝が皇太子の時に、長公主から嫁をとる気はないかと尋ねられたという故事から。 「屋」を含む四字熟語を全て見る.

漢字検索 1画 2画 3画 4画 5画 6画 7画 8画 9画 10画 11画 12画 13画 14画 15画 16画 17画 18画 19画 20画 21画 22画 23画 24画 25画 26画 27画 28画 29画 30画.

1 2 3 4 5 6 7 nkmrクリニック 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 屋烏の愛 意味.

アラビアンズ・ロスト 攻略 WEB. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 真砂中学校 事件 14 15 16 17 18 19 20 21 屋烏の愛 意味 23 24 25 26 27 28 29 30.

「屋」を含む四字熟語

屋烏の愛について 屋烏の愛. 愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 溺愛、盲愛のたとえ。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏(からす)さえも愛おしくなるということから。 「屋を愛して烏に及ぶ」とも読む。 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根に止まっている烏さえも愛おしくなるということから。 烏焉魯魚 (うえんろぎょ) 文字を書き間違えること。 「烏」と「焉」、「魯」と「魚」の字の形が似ていることから。 烏獲之力 (うかくのちから) 非常に力が強いことのたとえ。 「烏獲」は人の名前。 中国の戦国時代の秦の武王に仕えていた烏獲は、重さ約八千キログラムのものを持ち上げる力持ちで、その力を使って武王に仕えて出世したという故事から。 烏合之衆 紅鮭団 赤松 からすの群れは無秩序でただ集まっているだけということから、規律も統制も何も無く寄せ集めの集団や軍隊のたとえ。 烏集之交 (うしゅうのまじわり) 「烏集」は烏の群れのことで、疑り深く、利己的な鳥とされていることから、お互いに自分の利益のみを考え、誠意のない交流や集まりのこと。 「烏」を含む四字熟語を全て見る.

検索メニュー 五十音検索 漢字検索 漢検級検索 場面・用途・意味検索. 烏賊の甲より年の劫 (いかのこうよりとしのこう) 年長者の豊富な経験を尊重すべきだということ。 「甲」と「劫」の音が同じであることをかけた言葉。 今鳴いた烏がもう笑う (いまないたからすがもうわらう) 今まで泣いていた子どもが、すぐに機嫌を直して笑うこと。 烏合の衆 (うごうのしゅう) 烏(からす)の集まりのように、規律も統一もなく集まった群衆のこと。 烏鵲の智 (うじゃくのち) 遠い先のことばかり心配して、すぐそばに危険が迫っていることに気がつかない愚かさのたとえ。 「烏鵲」はカササギのこと。 カササギは、強風の吹くことが多い年には、高い枝ではなく低い枝に巣を作るが、そのために人からひなや卵をとられる危険があることには気づかないとの意から。 鵜の真似をする烏 (うのまねをするからす) 自分の能力をわきまえず、人の真似をして失敗することのたとえ。鵜は水に潜って巧みに魚を捕るが、烏が真似をして魚を捕ろうと水に潜っても溺れるばかりであるということから。「鵜の真似をする烏水に溺れる」「鵜の真似をする烏水を呑む」ともいう。 烏有に帰す (うゆうにきす) すっかりなくなってしまうこと。特に火事ですべてを無くしてしまうことをいう。「烏有」は漢文で「烏(いずくん)ぞ有らんや」と読み、全くないこと。 「烏」を含むことわざを全て見る.

WEB WEB. 1 2 3 4 5 屋烏の愛 意味 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28.

関連語をあわせて調べる

阿吽之息 (あうんのいき) ダリヤ・サルトゥイコヴァ 「阿」は吐く息、「吽」は吸う息のことをいい、互いの呼吸が揃った様子をいう言葉。 阿衡之佐 (あこうのさ) 賢い家臣や、宰相が政治の補佐をすること。 または、その人のこと。 「阿衡」は中国の殷の賢臣の伊尹が就いた官職の名前。 「佐」は手助けすること。 阿保之功 (あほのこう) 子供を育て上げた功績。 貴族などの、高い身分の人の子の子守りをする人の功績をいう。 「阿保」は子供を危険から守ったり、一緒に遊んだりすること。 晏子之御 (あんしのぎょ) 他人の権威を笠にきておごり、自らの低い地位に満足している愚か者のたとえ。 「晏子」は斉の宰相、晏嬰のこと。 「御」は御者のこと。 晏嬰の御者は、晏嬰を乗せたことで得意気になっていたが、その姿を見た御者の妻は離縁を迫ると、御者は改心したという故事から。 帷幄之臣 (いあくのしん) 参謀や軍師など、指揮官に付き従って作戦を練る部下のこと。 「帷」は垂れ幕「幄」は引き幕のこと。 昔の陣営は幕をめぐらしたことから作戦を練る場所、本陣や本営、軍部の意味。 異域之鬼 (いいきのき) 祖国に帰れず異国の地で死ぬこと。またはその人の魂。 「異域」は自分の国でない国、外国。 「鬼」は死んだ人の魂のこと。 故郷から離れて、外国に留まり続けている死者の魂という意味から。 「之」を含む四字熟語を全て見る.

運営サイト 漢字辞典 四字熟語辞典 故事・ことわざ辞典 国語辞典 対義語・反対語辞典 地名辞典 数え方辞典 漢字検定WEB問題集 漢字検定WEB問題集. 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏さえも愛おしくなること。. 烏賊の甲より年の劫 (いかのこうよりとしのこう) 年長者の豊富な経験を尊重すべきだということ。 「甲」と「劫」の音が同じであることをかけた言葉。 今鳴いた烏がもう笑う (いまないたからすがもうわらう) 今まで泣いていた子どもが、すぐに機嫌を直して笑うこと。 烏合の衆 (うごうのしゅう) 烏(からす)の集まりのように、規律も統一もなく集まった群衆のこと。 烏鵲の智 (うじゃくのち) 遠い先のことばかり心配して、すぐそばに危険が迫っていることに気がつかない愚かさのたとえ。 「烏鵲」はカササギのこと。 カササギは、強風の吹くことが多い年には、高い枝ではなく低い枝に巣を作るが、そのために人からひなや卵をとられる危険があることには気づかないとの意から。 鵜の真似をする烏 (うのまねをするからす) 自分の能力をわきまえず、人の真似をして失敗することのたとえ。鵜は水に潜って巧みに魚を捕るが、烏が真似をして魚を捕ろうと水に潜っても溺れるばかりであるということから。「鵜の真似をする烏水に溺れる」「鵜の真似をする烏水を呑む」ともいう。 烏有に帰す カピバラ けものフレンズ すっかりなくなってしまうこと。特に火事ですべてを無くしてしまうことをいう。「烏有」は漢文で「烏(いずくん)ぞ有らんや」と読み、全くないこと。 「烏」を含むことわざを全て見る.

1 2 3 4 屋烏の愛 意味 6 7 8 9 10 11 12 13 お しゅ し サーモン 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30.


Facebook
Twitter
コメント
Yasuko 13.09.2021 17:21 答える

植木屋の庭できが多い (うえきやのにわできがおおい) 気が多いこと。 「気が多いこと」と「木が多いこと」をかけて言ったしゃれ。 産屋の風邪は一生つく (うぶやのかぜはいっしょうつく) 大風が吹けば桶屋が儲かる (おおかぜがふけばおけやがもうかる) 思いもかけないところに影響が出るたとえ。また、あてにならない期待をするたとえ。 大風が吹けば土ぼこりが舞い上がって目に入り、目の不自由な人が増える。目の不自由な人は三味線で生計を立てようとするので、三味線に使う猫の皮がたくさん必要になる。猫が少なくなるとねずみが増え、ねずみが桶をかじるので桶屋が儲かって喜ぶ、という話から。 「風が吹けば桶屋が儲かる(喜ぶ)」ともいう。 屋下に屋を架す (おくかにおくをかす) 無駄なことをするたとえ。 屋根の下にさらに屋根を架けるとの意から。 屋上、屋を架す (おくじょう、おくをかす) 無駄なことをするたとえ。 屋根の上にさらに屋根を架けるとの意から。 屋漏に愧じず (おくろうにはじず) たとえ人が見ていない場所でも、人に知られて恥じるような行いはしないということ。「屋漏」は家の一番奥まった所、または人目につかない所の意。 「屋」を含むことわざを全て見る.

Rei 15.09.2021 20:49 答える

思いもかけないところに影響が出るたとえ。また、あてにならない期待をするたとえ。 大風が吹けば土ぼこりが舞い上がって目に入り、目の不自由な人が増える。目の不自由な人は三味線で生計を立てようとするので、三味線に使う猫の皮がたくさん必要になる。猫が少なくなるとねずみが増え、ねずみが桶をかじるので桶屋が儲かって喜ぶ、という話から。 「風が吹けば桶屋が儲かる(喜ぶ)」ともいう。. 愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 溺愛、盲愛のたとえ。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏(からす)さえも愛おしくなるということから。 「屋を愛して烏に及ぶ」とも読む。 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根に止まっている烏さえも愛おしくなるということから。 烏焉魯魚 (うえんろぎょ) 文字を書き間違えること。 「烏」と「焉」、「魯」と「魚」の字の形が似ていることから。 烏獲之力 (うかくのちから) 非常に力が強いことのたとえ。 「烏獲」は人の名前。 中国の戦国時代の秦の武王に仕えていた烏獲は、重さ約八千キログラムのものを持ち上げる力持ちで、その力を使って武王に仕えて出世したという故事から。 烏合之衆 (うごうのしゅう) からすの群れは無秩序でただ集まっているだけということから、規律も統制も何も無く寄せ集めの集団や軍隊のたとえ。 烏集之交 (うしゅうのまじわり) 「烏集」は烏の群れのことで、疑り深く、利己的な鳥とされていることから、お互いに自分の利益のみを考え、誠意のない交流や集まりのこと。 「烏」を含む四字熟語を全て見る.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2015-2021 recycledpirate.com 権利留保
このサイトへのアクティブなリンクを使用する場合、コピーと引用が許可されます.